RSS

Import to Mendeley!(その2)

23 4月

前回はPubMedの論文情報をMendeleyへ簡単にインポートする方法を紹介しました。

今回は,Webページにある情報をMendeleyにインポートする方法を紹介します。

例えば・・・

Google Chrome その8.gif

厚生労働省の「歯科医師国家試験の試行について」というページです。

このページでGoogle Chromeブラウザにある[Import to Mendeley]をクリックすると,インポートウィンドウが開きます。

[Save to library]をクリックすると,そのページの情報(ウェブページのタイトル,ウェブアドレス)と自動でキーワードが付与されます。

同じページを検索サイトから再度探すことなく,MendeleyのMy Libraryから簡単にアクセスすることが可能となります。

無題

Web情報は今や情報摂取における重要なアクセスポイントとなっています。

一度見たWebページを「とりあえずキープ」するのにMendeleyは使えます。MendeleyにはWeb上からもアクセスできるので(i padなどにも対応)どの端末からでも、閲覧ができるのが大きな特徴です。

キーワードを付けてくれるのもありがたいですね。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013年4月23日 投稿先 文献管理

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。