RSS

標準外科学 第13版

26 11月

写真 (3)

【標準外科学 第13版】

畠山勝義 他 編

494 || H99

歯科医療において全身的な状態を把握することが近年非常に重要になってきている。このために本学においても隣接医学の講義において,全身疾患についての理解が深まるように授業を行っている。本書は隣接医学外科学分野についての標準的な教科書であり,膨大な外科知識がコンパクトに解説されている。現在外科学分野において第一人者として活躍している外科医が執筆しており,現在の外科臨床についての内容も充実している。歯科に必要とされる全身疾患を学習する際には,是非本書を参考にしながら学習することをお薦めする。

(口外 米原啓之)

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013年11月26日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。