RSS

マウス・ラット実験ノート : はじめての取り扱い, 飼育法から投与, 解剖, 分子生物学的手法まで

21 11月

図5

【マウス・ラット実験ノート :はじめての取り扱い, 飼育法から投与,

                 解剖, 分子生物学的手法まで】

中釜斉, 北田一博, 庫本高志編

490.769 / Ma96

動物実験の初心者が基礎的な取り扱い方法を学ぶのに良い本です。

指導者や先輩から耳学問で学ぶこと,ラボマニュアルで学ぶことは勿論大切ですが,異なった視点を持った研究者から基礎知識やノウハウを教えてもらえれば,実験を合理的かつ合法的(?)に進める上でとても役立ちます。

さっと目を通すだけでも,「あっそうなんだ」と思える点が見つかるでしょう。

(薬理学 小林真之)

広告
 
コメントする

投稿者: : 2014年11月21日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。