RSS

プチ展示 擬態

16 9月

今回の展示は昆虫の擬態についてです。

R0012215

【カムフラージュ】

昆虫が木や枝にそっくりに化けて捕食者である鳥の眼を逃れようとします。これを隠蔽型擬態といいます。

ナナフシは木の枝になりきります。

コノハムシは若葉から枯葉のグラデーションといい、葉っぱの虫食いの様子まで葉そのものです。

コノハムシは羽がありながら擬態に徹するあまり飛翔能力を放棄しています。

カマキリは葉や花のようになり隠れて獲物を待ちます。これは攻撃型擬態といいます。

コノハムシ

【警告色】

黄色と黒のストライプ模様のハチやガの幼虫などは毒を持っていて危険であることを派手な色で示して相手に警告を与えます。

テントウムシの赤地に黒の水玉模様は可愛らしいですが、鳥からするとテントウムシの黄色い汁が非常にマズイらしく一度食べるとマズイということを鳥は学習します。

するとテントウムシの模様は鳥にとって警告色となります。

またそのテントウムシの模様を真似する虫がいます。(ハムシなど)

このほかにもドクチョウやアリやハチの姿を真似る昆虫がいます。

固すぎるカタゾウムシに模様がそっくりなカミキリムシもいます。

鳥に狙われないよう毒などもった危険な嫌われものに化ける戦略です。発見者にちなんでベイツ型擬態といいます。

また毒をもつ別種同士が似たような姿になるものをミューラー型擬態といいます。(毒のあるチョウ同士が似ていることなど)

鳥の眼の構造はヒトとよく似ているようです。

昆虫の擬態は鳥の眼をだまして隠れる、鳥に警告して学習させるなど鳥の眼を非常に意識しています。

ヤママユガなどが羽を広げた時の模様は猛禽類のフクロウの目玉にそっくりです。

是非昆虫の驚異の世界をご覧ください。

ヤママユガ

参考資料

1.昆虫の擬態 / 海野和男著 ,東京 : 平凡社 , 1993.8,486.1||U76

http://dentlib.nihon-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=1000032162&opkey=B144264771322733&start=1&totalnum=1&listnum=0&place=&list_disp=20&list_sort=0&cmode=0&chk_st=0&check=0

2.今森光彦世界昆虫記 / 今森光彦著 ,東京 : 福音館書店 , 1994.4,486||I44a

http://dentlib.nihon-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=1000034393&opkey=B144264776910225&start=1&totalnum=1&listnum=0&place=&list_disp=20&list_sort=0&cmode=0&chk_st=0&check=0

3.海野和男.昆虫たちの変装術. Newton : graphic science magazine = ニュートン.2015.8.35(8).p.102-113

http://dentlib.nihon-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=12&bibid=2000004073&opkey=B144264779722733&start=1&totalnum=2&listnum=0&place=&list_disp=20&list_sort=0&fc_val=datatype%23%40%2319&fc_val=datatype%23%40%2320&cmode=0&chk_st=0&check=00

広告
 
コメントする

投稿者: : 2015年9月16日 投稿先 展示

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。