RSS

Google Books/Hathi Trust文献を探す方法

23 3月

【Q&A事例集】

古い年代の論文だけど本文は読める?

【answer】

古い文献は、Google BooksおよびHathiTrustで読めることが多いです。

(ただ探すのに手間がかかります・・・。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

立て続けに同じような相談が2件ありましたのでご紹介します。

どちらも19世紀の論文でした。

出版年代から見てGoogle関係で電子化されていると仮定し、本文を探してみました。

(おそらく)参考文献にでてきた文献のため、論文情報が断片的だったようです。古い時代の参考文献のの記載方法は表記にバラツキがあったり、間違い(!)があったり探すのには結構大変です。

最終的に(時間はかかりましたが)本文アクセスURLを提供できました。

相談A

Journal of Cutaneous Medicine and Diseases of the Skin VolⅢ 1869(Google Books)

相談B

Archiv für mikroskopische Anatomie 1874 ;11 suppl(Hathi Trust Degital Library)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【探索手順】

①論文タイトルをGoogleで検索

②雑誌タイトル(略誌名のことが多い)をGoogleで検索

検索結果を眺めます。

相談A,Bともに、たくさん引用されている文献で、Google検索では引用された書誌情報がずらりと検索されました。つまり探している該当文献本体はどこにあるのかわからない状態。

ここで書誌情報(文献の情報)が本当に合っているかを確認します。

今回、相談者から提供された書誌情報は、相談Aの事例は論文タイトルの一部が、相談Bの事例は発行年が違っていました。

③雑誌の正式名称を探す

略誌名と論文タイトルだけでは、エンドレスに引用された書誌情報がずらり状態が続くので、雑誌の正式名称を探します。

ツール1  PubMed Journals in NCBI Databases

ツール2 ULRICHS Web

ツール3 WorldCat

もし、継続後誌がわかっているなど、何か手がかりがあればCiNii Booksや電子ジャーナルのサイトで雑誌の変遷を調べることができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相談Bでは、グーグル検索で、シュプリンガ―のサイトの雑誌名変遷を得ました。

雑誌変遷(Journal Histry)
後で調べたらCiNiiBooksにもありました。
CiNiiの変遷マップ
Hathi Trust Degital Libraryへアクセスして、サイト内で雑誌フルタイトル名で検索をすると
該当雑誌のrecordが出ました。
「これだろう」と思い、探している論文情報のページ数を見ても該当する論文タイトルが見当たらず、
ドイツ語ということもあったので、ひとまず依頼者に見てもらうことに。
すると、「おそらく号全体が、この著者の論文で、該当ページに肝心の記載があるようだ」ということでした。
また、「巻末の図版のクオリティが低いのが非常に残念」ということで、必要であれば、この号を所蔵する他大学に複写を頼むということで終了しました。
いずれも(私は)初めて伺う話でしたので、新たな知識となりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
相談Aは、どうあがいても雑誌正式名がわからず、Google検索技に頼ることに・・・。
カチカチ検索をしているうちに、
どうやらjou cut med dis skin のcutはcutaneous、
medはmedicineのmedであることが確信できたので、
medはmedicine,medicalを想定してmedi*(前方一致検索)をしてみました。
Journal of cutaneous medi* →検索!
が、結構似た名前の雑誌がずらりと出たので、依頼者からの書誌情報の中から1869年を検索に入れると・・
Journal of cutaneous medi*  1869 →検索!
検索結果トップに該当の雑誌らしきHathi Trustのレコードが出ました。
アクセスをして、該当するページを探すと論文がありました。
雑誌のフルタイトル名で検索をするとGoogleBooksでも検索されました。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【まとめ】

グーグルはすごい!

けど・・・、レコードの数が膨大すぎてわけがわからなくなる。

固有名詞がないと検索できない弱点がある。

略誌名から正式誌名を探せるようなナビゲーション機能がない(「もしかして~」というような検索補助機能がないということです)。

パブリックドメイン(著作権切れなど)の文献が大量にデジタルアーカイブされている結果、断片的な論文情報だけでは(かなり)探しづらくなっているようです。

”工夫して時間をかけて検索するべし”

というまとめでした。

(堀米)

広告
 
コメントする

投稿者: : 2016年3月23日 投稿先 Q&A事例

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。