RSS

患者さんとスタッフの心をつかむデンタルパフォーマンス

21 9月

%e8%a6%8b%e5%ad%a68

患者さんとスタッフの心をつかむデンタルパフォーマンス

佐藤綾子著

D06 | Sh33|27

【歯科医院見学前に読むべき本はこれだ!】

 この本は先生が患者とスタッフとどのように上手くコミュニケーションを取り、より良い歯科治療をしていくかということが書かれてる。

患者は先生の顔から感情や人柄を読んでいて、敏感に感じとっている。

顔と声に温かさがなかったり、専門力に問題があったり、患者へのいたわりなどの感情がこもっていなかったら患者は好意を持たない。

そのために、ジェスチャー、アイコンタクト、スマイルなどが重要になってくる。

またスタッフに対しても、先生がスタッフ一人ひとりの感情をいち早くキャッチすることが必要となる。

一人ずつに活躍の場を与え、その人にスポットライトを当てて褒めていくことをして、スタッフ一人ひとりに対する先生の期待を口に出して伝えることが重要だ。そしてそれが、スタッフみんなを張り切らせて、その結果スタッフがニコニコと動き始める。

歯科医院見学の前にこの本を読んでこのようなことを頭に入れておき、先生の実際の患者やスタッフとの接し方を目で見ることが必要だ。

(学部生:小室 礼子)

広告
 
コメントする

投稿者: : 2016年9月21日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。