RSS

名著講義 

19 1月

img_ea953df035b157a4c64275f95af2f73d216244

 

 名著講義 / 藤原正彦著 (文藝春秋.2009年)

分類記号:019.9||F68

本書は、数学者の藤原正彦教授がお茶の水女子大学で十数年にわたり行っていた 「読書ゼミ」の内容である。編集者が録音して講義記録として一冊の本にまとめた。

この「読書ゼミ」の講義内容は、毎週藤原教授が指定した一冊の文庫を学生が読み、翌週にレポートを提出、そして授業に臨んでディスカッションを行うというものである。

学生が読書をしてディスカッションを行うというだけでも本についての理解が深まるが、そこに藤原教授が質問をすることで、学生の考えがより深まる。

藤原教授と学生とのやり取りを中心に、それぞれの授業で取り上げられた本について様々な考え方が述べられており,自分の学生の時にこのような授業はあればと、とてもうらやましくも感じた。

以下の11冊がこのゼミで取り上げられた作品で、明治から昭和前期までに書かれた「名著」である。
・新渡戸稲造 「武士道」 (歯学部所蔵あり)
・内村鑑三 「余は如何にして基督教徒となりし乎」
・福沢諭吉 「学問のすゝめ」(青空文庫http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/card47061.html
・日本戦没学生記念会編 「きけ わだつみのこえ」
・渡辺京二 「逝きし世の面影」
・山川菊英 「武家の女性」
・内村鑑三 「代表的日本人」
・無着成恭 「山びこ学校」
・宮本常一 「忘れられた日本人」 (電子ブックで読めます)
・キャサリンサンソム 「東京に暮らす」
・福沢諭吉 「福翁自伝」 (歯学部所蔵あり/青空文庫http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/card1864.html

本書の中で藤原正彦という人物を通して,11冊の「名著」と出会い,これらの書かれた背景を理解した読書のすゝめとなればと思う。

保存Ⅰ 辻本暁正

広告
 
コメントする

投稿者: : 2018年1月19日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。