RSS

【プチ展示】食べることは生きること

02 4月

嚥下や誤嚥についての展示です。

近年は高齢者医療や歯科治療の関連で、「自分の口で食べられる・飲みこめる」という摂食嚥下の分野の専門研究に取り組む医師・医療機関が増えてきました。それでもまだ、歯科系統の医療機関で「自分の口で食べられる・飲みこめる」ためのサポートをしてくれることを知らない、意外に思っている人たちは多いようです。

今回はここ数年の「自分の口で食べられる・飲みこめる」ための様々な取り組み・問題提起をした資料を一部ですがご紹介したいと思います。

R0012809

(担当:北村)

 

広告
 
コメントする

投稿者: : 2018年4月2日 投稿先 図書館からのお知らせ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。