RSS

嫌われる勇気 : 自己啓発の源流「アドラー」の教え

18 6月

02581-9-thumb-208xauto-23983

嫌われる勇気 : 自己啓発の源流「アドラー」の教え

/ 岸見一郎, 古賀史健著(ダイアモンド社.2013)

請求記号 146.1||Ki58

この本はアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた1冊です。アドラー心理学は「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な「答え」を提示します。

対人関係に悩むことはありませんか?

劣等感を感じることはないですか?

この本にはあらゆる悩みを一気に解消する方法が書いてあります。

自らの生について、出来ることは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」それだけです。と記しています。

自分の生き方を貫くとは?

自分の人生とは?

1冊の本が、ときに心の支えとなり、励みになり人生を大きく変えることもあります。

この本を読んで人生を少しシンプルに考えてみてはいかがでしょうか。

 小児歯科学 石山美紗

広告
 
コメントする

投稿者: : 2018年6月18日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。