RSS

カテゴリー別アーカイブ: 推薦図書コメント

名著講義 

img_ea953df035b157a4c64275f95af2f73d216244

 

 名著講義 / 藤原正彦著 (文藝春秋.2009年)

分類記号:019.9||F68

本書は、数学者の藤原正彦教授がお茶の水女子大学で十数年にわたり行っていた 「読書ゼミ」の内容である。編集者が録音して講義記録として一冊の本にまとめた。

この「読書ゼミ」の講義内容は、毎週藤原教授が指定した一冊の文庫を学生が読み、翌週にレポートを提出、そして授業に臨んでディスカッションを行うというものである。

学生が読書をしてディスカッションを行うというだけでも本についての理解が深まるが、そこに藤原教授が質問をすることで、学生の考えがより深まる。

藤原教授と学生とのやり取りを中心に、それぞれの授業で取り上げられた本について様々な考え方が述べられており,自分の学生の時にこのような授業はあればと、とてもうらやましくも感じた。

以下の11冊がこのゼミで取り上げられた作品で、明治から昭和前期までに書かれた「名著」である。
・新渡戸稲造 「武士道」 (歯学部所蔵あり)
・内村鑑三 「余は如何にして基督教徒となりし乎」
・福沢諭吉 「学問のすゝめ」(青空文庫http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/card47061.html
・日本戦没学生記念会編 「きけ わだつみのこえ」
・渡辺京二 「逝きし世の面影」
・山川菊英 「武家の女性」
・内村鑑三 「代表的日本人」
・無着成恭 「山びこ学校」
・宮本常一 「忘れられた日本人」 (電子ブックで読めます)
・キャサリンサンソム 「東京に暮らす」
・福沢諭吉 「福翁自伝」 (歯学部所蔵あり/青空文庫http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/card1864.html

本書の中で藤原正彦という人物を通して,11冊の「名著」と出会い,これらの書かれた背景を理解した読書のすゝめとなればと思う。

保存Ⅰ 辻本暁正

広告
 
コメントする

投稿者: : 2018年1月19日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

君たちはどう生きるか

無題

君たちはどう生きるか / 吉野源三郎 著

<請求記号> 新装版:159.7||Y92      漫画版:159.7||Y92

 

日々是好日

毎日、楽しいことがないかなぁ?

いいことがないかなぁ?なんて

思って日々を送っていませんか?

悩んだりイライラしたりしている自分にほんの少しだけ

心が安らぐ瞬間が訪れるかもしれません。

 

君たちはどう生きるか

1930年代に書かれた本です。漫画ではみなさんが知っていますが、、、、。

主人公である中学生の「コペル君」が様々なエピソードから感じた事と、彼の「叔父さん」が発する、思春期の少年に刺激を与える問いかけが、とても清々しさに溢れている。

広い年代で感じ方は違うと思いますが、

いたわる心、過ちを悔やむ心、時代が変わっても、不変のメッセージがちりばめられている。

日々の勉強がどう世の中の役に立っているのか、自分で考え抜くことの大切さといった、学問に対する姿勢についても、気づきを起こさせてくれることでしょう。

 

化学:横瀬勝美

 
コメントする

投稿者: : 2017年12月19日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

動物翻訳家 心の声をキャッチする、飼育員のリアルストーリー

9784087716269_200

動物翻訳家 : 心の声をキャッチする、飼育員のリアルストーリー

/ 片野ゆか

請求記号:480.76||Ka82

映画のメイキングやドラマのNG集など,物事の出来上がる様子や舞台裏を知りたい人は少なくないと思います。この「動物翻訳家」は,動物の声をヒト語として翻訳する(?)動物園飼育員の話であるとともに,動物の飼育展示の作り方でもあります。

展示の構想,意見の調整,予算折衝など内部での働きかけのほかに,種の保存,希少動物の保護保全,動物の福祉などクリアしなければならない条件は山ほどあります。もちろん,来園者や市民の要望も満たさねばなりません。

その過程が,登場する飼育者だけでなく動物園内外の専門家にもきちんと取材されたうえで書かれています。情景の描写も生き生きとしていて,とても映像的でドキュメンタリーフィルムを見ている錯覚にとらわれます。

この本を読んだ後で動物園を訪れてください。きっと今まで見えていなかったものが見えてこれまでより楽しめると思います。

生物学:佐藤恵

 
コメントする

投稿者: : 2017年11月24日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチ

ジョコビッチの生まれ変わる食事 : あなたの人生を激変させる14日間プログラム / ノバク・ジョコビッチ著 ; タカ大丸訳

請求記号 783.5||D79

現在の男子テニス界を牽引しているプレーヤー「ノバク・ジョコビッチ」。

彼は,情勢不安定なセルビア出身である。実家はピザ屋であり,幼少期から母親の作るピザが好物であった。そんな彼が「グルテン不耐症」と診断され,自身の食事を見直すこととなる。

それ以降,今までテニスの戦績がいまひとつであり,試合中も集中力が持続しない状態から一変し,グランドスラムを幾度と制覇する世界のトッププレーヤーに上り詰め活躍するに至っている。

また,「オープンマインド」すなわち,外部からの情報や他人の意見に耳を傾けることができる心のゆとりが大切であると語っている。

私たちの食生活を見つめ直すきっかけになるだけでなく,もしかするとあなたの人生を大きく好転させる一冊になるかもしれません。

保存Ⅲ 髙山忠裕

 
コメントする

投稿者: : 2017年11月1日 投稿先 推薦図書コメント, 本の紹介

 

タグ:

傷はぜったい消毒するな

9784334035136

傷はぜったい消毒するな : 生態系としての皮膚の科学

/ 夏井睦著

請求記号 494.33|N58

傷は先ずは消毒する。というこれまでの常識を覆す内容です。

なぜ消毒してはいけないのか?なぜ「湿潤療法」がよいのか?が,皮膚の構造とその働きから論理的に説明されています。また,著者が形成外科医であることから,「湿潤療法」が実臨床においてなかなか普及しない原因なども検証しています。

かさぶたを作らせない絆創膏を使うと「傷跡が残らず早く治る」という実感が皆さんにもあると思いますが,この本を読むとその理由がよく分かります。

私も本書を読んで以降は,生活の中での創傷・熱傷は湿潤療法としています。本書は実生活で役に立つだけでなく,皮膚という最も身近な臓器の驚くべき能力について改めて考えさせる一冊です。

解剖Ⅰ 大橋昌子

 
コメントする

投稿者: : 2017年10月10日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

人体失敗の進化史

03358

人体失敗の進化史 / 遠藤秀紀著

請求記号 481.1||E59

本書は,動物解剖学者が様々な動物の遺体を解剖し,それらを形態学的に比較しながらヒトの進化の過程を捉えたものです。ナメクジウオからヒトへの進化の歴史,形態学的な変遷が私たちの身体に刻まれていることが興味深く語られています。

これまでと違った角度から解剖学に触れられるので,解剖学が苦手な人にも得意な人にも是非読んでいただきたい一冊です。

解剖Ⅰ 大橋昌子

 

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2017年10月10日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

LIFE SHIFT (ライフシフト) : 100年時代の人生戦略

 

life shift

Life Shift (ライフシフト) : 100年時代の人生戦略

/ リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット著 ; 池村千秋訳

請求記号 159||G78

人生100年!教育→勤労→引退の時代は終わりゆく

長寿社会のトップランナーである日本では、近い将来100歳以上の人口は6万1千人を越すと言われている。私が子供の頃と比べ、現在は100歳以上のお年寄りの存在は珍しくない。

2007年生まれ、すなわち現在10歳の約半数は107歳まで生きるであろうという衝撃的なデータがある。これも高齢化のメカニズムが検証されるにつれ、納得のいく分析であることに気づく。

われわれは今まさに100年の人生を意識した社会に生きている。本書は従来のライフパターンからの脱却がテーマとなっている。

教育→勤労→引退という人生の3ステージを考えると、100年人生時代においては、引退以降の時間が長くなる。この時期を幸せに過ごすためには様々な意識の変革が必要である。
必ずしも学生=20代ではない。50代や60代でも学生として新しいことを学ぶチャンスはある。

本書の「エクスプローラー(探検者)」、「インディペンデント・プロデューサー(独立生産者)」、「ポートフォリオ・ワーカー」という様々なステージを経験するマルチステージの人生というとらえ方も興味深い。
長く生産的な人生を送るには、経済的な資産に加え、家族や友人、健康といった無形資産の形成も重要視されている。

終身雇用制度がまだ根強い日本社会では、このようなライフ・シフトという考え方を実践に移すにはハードルが高いかもしれない。しかし今私たち歯科医師なりのライフ・シフトを模索して、今後の人生を点検してみよう。

総合診療科 関啓介

 
コメントする

投稿者: : 2017年7月31日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ: