RSS

タグ別アーカイブ: カーリル

温室効果ガスについての本はどこにあるか

【Q&A事例集】

「温室効果ガス」ということばを使って、まずは歯学部図書館OPACで検索。→0件

もう少し広い概念のことばに変え「地球温暖化」で検索。→8件

検索結果を見て、本のタイトルから2冊をピックアップ。請求記号に着目します。

地球温暖化1

400~は自然科学。500~は技術・工学を表しています。「化学」の授業で必要な資料ということなので、400~が該当図書の可能性が高いと考えられます。

書架へ行き「地球温暖化と海」をめくってみますが、温室効果ガスが中心テーマではないようです。

キーワード「温室効果ガス」「地球温暖化」と請求記号「451.35」をもとに、 Web NDL Authoritiesで調べてみます。

Web NDL Authoritiesとは、件名標目NDL SH(本に付けられるキーワード)や請求記号(分類記号ともいう)の内容を調べるためのツールです。

図書館HPの、「調べる、探す」から「便利なツールのリンク集」へ。

Clipboard02

クリップボード07

キーワード検索と分類記号検索が可能です。「温室効果ガス」で検索すると、適当な件名が得られなかったので、「温室効果」で検索。

クリップボード08

関連語、分類記号をチェックして、「地球温暖化」「451.35」「451.85」をメモ。

クリップボード09

「地球温暖化」もチェック。注記の記載や分類記号から、「地球温暖化→451.85」「温室効果ガス→451.35」と推察できる。

これらの結果をもとに、CiNiiで検索をしてみる。

クリップボード10

「温室効果ガス」で検索すると、77件。ここで、先ほど調べておいた件名標目と分類記号が威力を発揮します。

件名に「温室効果」を入れると29件に。この場合、本に付けられたキーワードで絞り込むことになるので、分野をまたがって検出されます。

クリップボード11

一方、分類記号で絞り込みをすると、その分野でのピンポイントの絞り込みになります。10件になりました。

クリップボード12

検索結果を見て、気になる本について、どのように入手できるかを検討します。

クリップボード13

学内で、CiNiiを検索すると、大学図書館所蔵の上部に日本大学の所蔵が表示されます。

工学部、国際関係学部以外の学部図書館所蔵であれば、無料で取り寄せができます。(館内閲覧のみ)

もし、日本大学に所蔵がない場合は、他大から取り寄せができます。が、郵送料が結構高いので(1500円くらい)、地域の公共図書館や大学図書館を一括検索できるカーリルを使って、公共図書館および国立大学図書館などの所蔵を調べます。

クリップボード14

クリップボード15

千代田区の図書館に所蔵があるので、大学の帰りにでも借りに行くことができます。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013年10月1日 投稿先 Q&A事例

 

タグ: ,

国際子ども図書館へ行ってきました。

この4月から図書館事務課に配属になりました向井です。
現在閲覧,ILLを担当しています。どうぞ宜しくお願いいたします。
今日は先日あった出来事をお話します。

子供の頃に好きだった本をもう一度読みたくなり、
上野にある国際子ども図書館を訪ねました。その時の話を書きます。
国際子ども図書館↓
http://www.kodomo.go.jp/about/profile.html

国際子ども図書館は国立国会図書館の一翼を担う児童書専門の図書館です。
情報資源保存が目的の図書館ですので、資料室の本1冊見るにも厳重です。
手荷物等すべてをロッカーへ預け、利用カードを書き、
入館証明バッチや閲覧するためのカードを借りないと
パソコンでの検索すらできません。
しかも資料室の本は子どもが触ることを禁止しています。
「子供向けの1冊の本」ではなく「大事な時代の一資料」
であるという考えからなのでしょうね。

さて、見たい本は資料室の司書さんに導かれるまま、
パソコンで依頼をすると、書架から運ばれてカウンターへ届きます。
自分で本棚から取るわけではありません。
そのほんのわずかな間に司書さんから
「ご依頼の本はお住まいの地域の公共図書館にございますよ。」
と声をかけられました。

え?

この見たかった本は、ずっと前から気になっていたものだったので
何度も何処にあるかなど調べつくしたつもりでした。
司書さんが見せてくれたパソコンの画面をみると
自分の住む市のこども図書館に所蔵があると出ているではありませんかっ!!

なんということでしょう(涙)

閲覧を担当している自分が、OPACを使いこなせてなかった。
これは本が見れた嬉しさよりも、もの凄くショックで
何十年ぶりかに手にできたその本のうれしさが激減してしまいました。
市の図書館なら貸出可能です。
わざわざ電車に乗って出てこなくてもよかったのです。
それよりなにより
図書館員として情けない検索ミスをした自分にがっかりでした。

そんながっかりな経験を翌朝、図書館で話したら
「ちゃんと『カーリル』を見ていかないから」とダメ出しを受けました。
そうなんです!
図書館のHPでもご紹介している『カーリル』を使っていたら
こんなことにはならなかったんです。
(図書館HP→図書館使用法→ツール→カーリル(図書館横断検索))

『カーリルローカル』↓
http://calil.jp/local/tokyo

地元の図書館に所蔵ってちゃんと出ていました。
もちろん、地元図書館のOPACで調べても出てくるのですが
いちいち、図書館名をネットで探さなくても県名さえ指定してあげれば
どこにあるかを探し出してくれるこの『カーリル』は
ほんとにらくちんな検索なのです。
お気に入りの図書館(大学も含みます)を5つまで設定できます。
また、見たいリストなんかもつくることができて
ちょっとしたメモ代わりになります。
是非、私のようなミスをしないためにも
皆さん機会があったら使ってみてください。

これを今後の自分への戒めとして、ブログに載せました。
これからも研鑽を積んでまいります。
こんな私ですがどうぞ宜しくお願いいたします。

 
コメントする

投稿者: : 2013年5月28日 投稿先 館員ブログ

 

タグ: