RSS

タグ別アーカイブ: 共読

図書館総合展2013~「共読ライブラリー」「コ-ワーキング」

第15回図書館総合展

フォーラム2つと出典ブースをいくつか見たり参加したりしました。

<共読ライブラリー>2年目の挑戦「学びの力」を獲得する「共読」学習支援プログラムの開発読書と学習支援のあたらしいカタチ

昨年出典ブースを見て感動したので,詳しい経緯を知るためにフォーラムに参加しました。

情報リテラシーと同じように読書術を教える必要があると,帝京大学での全学的な取り組みの紹介でした。→共読ライブラリーweb page / pdf

読書術を習得することにより,考える力,発想力等で基礎力の底上げができるそうです。活き活きと発表する,館員やコラボしている編集工学研究所の方たちが印象的でした。

面白い出題をされたので紹介します。

問題

この2つの言葉のアイダを埋めて下さい。

問題                   回答例

黒 <     >白 ・・・・・ 私は<グレー>を入れたのですが,これはつまらない回答です。

独身<     >夫婦・・・・・ <紙>

楽観<     >悲観 ・・・・ <達観>

戦争<     >平和 ・・・   <国連>

初恋<     >片思い・・・  <失恋>

私は何も思い浮かばず,頭が固くなっているのかとガッカリしました。(面白い答えが浮かんだら教えてください。)

フォーラムが終わってから,出店ブースで体験ができました。帝京大学では黒板を書架に使っている部分があり,そこには請求番号に関係なく,発想力を使って関連づけて本を並べていきます。黒板の書棚やメモ用紙に本のコメントが書かれています。そうするとこれを読んだら次はこれも読みたいと自然と思ってしまいます。

体験では自分で選んだ2冊と与えられた1冊の3冊をそれぞれ1分で概要をつかみ,一緒に体験に参加しているメンバー3人1組になり,1分で内容を説明しあったり,参加者全員に3冊を関連づけたテーマを決めて一人1分で発表しました。とても楽しい体験でした。

図書館における公共空間とコラーニング

コワーキングから学ぶ「人が集う場所」のつくり方

コラーニングのコは共にという意味で共に働いたり,共に学ぶということです。

ラーニングコモンズや,働く方ではBIZCOLI (ビジネス+コニュミケーション+ライブラリー)電車内やカフェでパソコンをしている人がいるように,どこでも仕事ができるようになってきました。それにコニュニケーションとライブラリーがつくとビズコリになります。→「BIZCOLI

自宅の駐車場をビズコリにした人の話。そこに個人のビジネスマンが集まり一人パソコンで仕事をしながら面白い情報があれば参加する。企業が製品説明にきたり,みんなでたまには飲みにでかけたり。図書を持ち寄ってライブラリーを作ったり。

この頃,街では個人の家やお店,大学でも小さな図書館ができているそうです。

小さな自由図書館」を開設いたしました(大野建設)

さが街なか図書館(ユマニテさが)

リブライズ・すべての本棚を図書館に(全国の本棚をつなげるサービス)

展示ブースで大阪府立大学の例をきいたのですが,ビルの一部を借り,研究発表の場の傍らに書棚を用意し,ボランティアが本を持ち寄り運営しているそうです。個人サポーターが150名。「一人からはじめられる」「1冊からはじめられる」まちライブラリーが広がっています。

また,MOOCsという,「大規模公開オンライン講座」(インターネットで大学の講義を受けること)広がってきているそうです。

MOOCsとは (リセマム 2013/8/27付けの記事)

ファーストフード店とかでも可能だが,他のお客さんの迷惑になる場合がある。図書館でできるようにしたらどうか?自宅のガレージで色々なことが出来るのだから,図書館ではもっと色々なことが出来ると発表されていました。

組織とか場所に縛られず,同じことに興味があれば繋がることが出来る。

なんだか世の中,面白いことになっていると感じました。

(八島)

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013年11月6日 投稿先 館員ブログ

 

タグ: , ,