RSS

タグ別アーカイブ: 利用講習会

しっかりデータベース講習会「英語論文を探す」

大学院1年生は、総合特別講義において、とにかく論文を探して読め、まずはPubMedを開いて探せ、と言われていると思います。

PubMedは使っているうちに、自分なりの発見というか、使い方を覚えていくものです。が、最初はやはり戸惑うことも多いでしょう。実践+知識注入が必要です。

図書館では、検索に使うデータベースについて小冊子マニュアルをHPにアップしてあります。PubMedもあります。ただし「英語論文を探す」という観点から見ると、必要な論文を得るためのいくつかの方法があり、しっかりデータベース講習会「英語論文を探す」がオススメです。

講習会の案内は、図書館トップページ→図書館使用法→利用講習会http://www.dent.nihon-u.ac.jp/library/lecture/lecture.htmlからご覧ください。

院1年生へのオススメは、PubMedとWeb of Scienceとの複合技です。PubMedで検索をして、これだという論文を見つけたら、それをWeb of Scienceでも検索してみる(論題をコピー&ペーストでいけます)という技です。

Web of Scienceの良い点は

1.Web of Scienceでその論文がHitする→国際的にポピュラーな雑誌に収録されていることがわかる(そしてIF値も調べられるようになっている)。

2.引用/被引用のリンクが付いているので、コア論文から芋づる式に論文を辿れる。

3.テーマで検索をした場合、ソート順を被引用数順にすることができるので、その分野の重要論文を簡単に探し出せる。

4.同じくテーマで検索した場合、雑誌名による件数が表示されるため、どの雑誌が自分にとって大事であるかが分かる。

という点です。IFについては分野によって値に違いがあり、高ければ良いということにはなりませんが、参考にはなります。(被引用数についても同様)

論文の数は膨大で、何から読めばよいかわからなくなると思いますが、上記の複合技を駆使して、まずは自分の分野の重要論文&重要雑誌を探してみましょう。

 
コメントする

投稿者: : 2013年6月13日 投稿先 図書館からのお知らせ, 検索

 

タグ: , ,