RSS

タグ別アーカイブ: 物語

図書館 特別展示「それぞれの物語」

【図書館 特別展示 「それぞれの物語」】

exhib

歯学部図書館では、毎年、桜歯祭に合わせて資料展を行っています。桜歯祭終了後も3週間ほど展示を継続いたします。

今年は「それぞれの物語」というタイトルで、歯科医師の個人史を中心に資料を集めました。2年後に100周年を迎える本学部の歴史についても取り上げています。

まずは図書館の入口↓

2014-10-25 12.06.42

「歯学部の98年」を年表と写真で振り返ります。

写真は「日本大学歯学部60年史」で使われている貴重な写真です。昔の病院の様子や講義の様子を映しています。神田駿河台へ移転したのは1919年ですが、校舎の周りにはニコライ堂くらいしか建物がなく、今とは違いさびしい土地だったそうです。

そして、今回の展示の影の目玉↓

 IMG_1558

「東洋歯科医学専門学校設立認可申請&設立事項」

原本のコピー

東京都公文書館から複写してきたものです。

現在の神田駿河台に移転をするときに専門学校となったのですが、その際の申請書です。

(字に迫力あり)

図書館入ってすぐ↓

IMG_1562

本学部の創設者 佐藤運雄先生の資料

おすすめは、「佐藤運雄先生八十賀記念写真帖」です。

平易な文章で、創立当時の様子や講義の内容、佐藤先生の余暇などを伝えています。

IMG_1567

図書館の中に、現代の歯科医師の個人史についての資料を並べてあります。

おすすめは「日本大学歯学部同窓会誌」からのコラム「今日はお邪魔します」を抜粋したファイルです。

味わい深い個人史16編を読むことができます。インタビュー形式なので読みやすいです。

IMG_1568

歯科医療に名を刻む先生たちの資料をプロフィールパネルとともに展示しています。

おすすめは「押鐘篤先生」です。

「優雅に突っ張って突っ張って」という本の内容がぶっ飛んでいてびっくりします。

日大専門部歯科(本学部の前身)を卒業し、長きに渡り教授生活を送り、その間に多彩な業績を残されました。

当時の様子がいきいきと記されています。

IMG_1563

今回の展示の目玉は、”プチ個人史の宝庫「桜歯ニュース」30年分を全文検索しよう” です。

長い歴史を持つ桜歯ニュースの過去30年分をページごとに分割し、Evernoteに放り込みました。

Evernoteは大変便利なツールで、様々なファイルを管理でき、全文検索ができます。その機能を利用してみました。

サークル名や先生の名前など、検索ボックスに入力すれば、過去30年分の記事の中から検索して表示されます。

IMG_1565

図書館に寄贈された卒業アルバムです。古いものは、1918年(大正7年)のものから図書館にあります。

その中から、いくつかを並べてあります。

「生きるとは自分の物語をつくること」という副題を付けましたが、これは、河合隼雄、小川洋子著の同名の本から取ったものです。本の内容は臨床心理学に関するものですが、歯科医師あるいは歯科衛生士、技工士を目指す学生さんの人生にとっても、まさしく似つかわしいタイトルだと思いました。

意識するしないにかかわらず、人は物語を作っていきます。ある人の人生を振り返り、文章にすると、まぎれもない「物語」になります。それは、生きていくうえで非常に頼りになるものです。この先に様々な困難が待ち受けていても「物語」の一要素だと思うことができれば、乗り越えることもできるでしょう。

「物語」が感じられなくなった時に、人は不安になります。自分の「物語」を意識して作り上げることで、より豊かな学生生活そして医療人生を送ることができるんじゃないかと思います。その一助として、今回の展示を利用していただければと思います。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2014年10月28日 投稿先 図書館からのお知らせ, 展示

 

タグ: ,