RSS

タグ別アーカイブ: 電子ジャーナル

探している論文のページがよくわからない

読みたい論文が電子ジャーナルに掲載されている場合、ページ表記がわかりづらいことがよくあります。

PubMedでの詳細情報では e-72-82 となっている↓

Clipboard02

電子ジャーナルのウェブサイトで該当論文を探すが、見つけることができない・・・。e72ページってどこ?

Clipboard05

そういう時は、電子ジャーナルサイトのsearch機能を使います。

論文タイトル等で検索。

Clipboard03

Clipboard04

論文のページは423であることが判明。これでは探しだすことができない、と思う。

この例はQuintessenceのウェブサイトですが、ほとんどの出版社のウェブサイトにはこのような検索機能がついています。

PubMedの詳細情報が正確ではない(あるいは食い違いがある場合)には

電子ジャーナルのサイトで探し出すための努力が必要となります。

※未出版の文献の場合もあります(PubMedの書誌のみ先行してupされている場合)。雑誌の巻号がPubMedに明記されているけど、電子ジャーナルサイトに見当たらない場合は未出版です。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013年8月8日 投稿先 Q&A事例

 

タグ: , ,

「PubMedから本文を見るにはどうしたらよいか」

Q&A事例です。→2017/1/20改訂

方法① PubMedから辿る

まず右上の出版社アイコンをクリックします。

ここから見ることができればラッキーです。というのは、このアイコンはPubMedと協力関係にある出版社がつけているアイコンなので、日本大学歯学部で見られるとは限らないためです。

pub1

課金表示が出たり、ID/PWを求められるようであれば、契約外の雑誌ですので、【この文献の入手方法】をクリックします。

pub2

基本的に【この文献の入手方法】(リンクリゾルバといいます)を武器として、電子ジャーナル閲覧の可否を調べます。

注意 PubMedへは、歯学部図書館のweb pageからアクセスしてください

googleなどの検索エンジンからでもアクセスできますが、【この文献の入手方法】アイコンは表示されません。 

pub3

方法② FullText Finderを使う

雑誌名をコピーします。略誌名でもOKです。

pub4

図書館HPから【FullText Finder】へアクセスして、雑誌タイトル名で検索をします。

pub11

雑誌タイトルを入力して検索

pub5

いくつかのタイトルが表示されるので、該当するタイトルを確認して、【全文アクセス】をクリックすると、電子ジャーナルの閲覧範囲が表示されます。クリックすると本文へアクセスできます。

pub6

方法③ 図書館OPAC もしくは

歯学部契約ジャーナルリスト を使う

雑誌タイトルを図書館OPACもしくは歯学部契約ジャーナルリストを使って調べます。

図書館OPACでは、略誌名では検索できないことがあります(略誌名から正式タイトルを調べるには、Journals in NCBI Databasesが便利です。PubMedのトップページから利用ができます)。

↓歯学部OPACで検索

pub7

OPAC画面のURL欄からJournalアイコンをクリックしてアクセスします。アイコンが複数ある場合がありますが、該当論文の年代が含まれているものを選んでください。

pub8

電子ジャーナルが無い場合でも、冊子体の所蔵がある場合があります。その場合もOPACで調べることができます。

↓歯学部契約ジャーナルリストを使う。右のほうにリンクがあります。

pub9

雑誌名の頭文字のアルファベットをクリックすると到達できます。

pub10

方法①~③で見つからない場合

歯学部に所蔵がない場合は、他学部を含む外部へ複写の依頼をすることになります。複写の依頼は図書館カウンターで直接申込もしくはオンライン(http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/library/refa/ask..html)で申込ができます。

あるのかないのか分からない場合もお気軽にお問い合わせください。mail: de.lib★nihon-u.ac.jpまで(★を@に変えてください)

補足情報

論文タイトルでweb検索をするのも有用な方法です。著者本人が自分のサイトや所属機関のサイトでアップロードをしていたり、学術系SNS(Research Gate. Academia.eduなど)で本文が公開されている場合があります。また、本文が公開されていなくても、本文をリクエストできる機能が付いている場合があります。

(堀米)

 
コメントする

投稿者: : 2013年4月12日 投稿先 Q&A事例

 

タグ: ,

PubMedでFree full textの表示があるのに全文が見られない

【画像はクリックすると拡大します。】

Clipboard01

Free full text の表示があったので右上のリンクアイコンをクリック。

Clipboard02

本文へのアクセスに制限がある。フリーで読めるはずなのに・・・。

Clipboard03

そんなときは論題左上の雑誌名をクリック。

Clipboard04

NIM Catalog へアクセスして、この雑誌の詳細を見ます。

Clipboard05

Electric Links にリンク先が2つあります。上のリンクはさっきフリーアクセスができなかったものなので、

下のリンクをクリック。

Clipboard06

これはPMCというPubMedと関連する全文収録DBのページです。PMC収録文献である場合にはFree Full Textの表示がでるようになっています。

実際に2012年のものをクリックして調べてみると、全文アクセスができませんでした。2011年分は全文アクセスができました。この雑誌の場合、1年待つ必要があるようです。

電子体のフリーアクセスはタイムラグが生じることがあります。数か月のものから1年まで、掲載誌により違いがあります。

この論文の場合、後日チェックするとFree full textの横に「1年後にアクセス可能」という記述を見つけました。

このようにPubMedのデータは遷移しますので注意が必要です。

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月18日 投稿先 Q&A事例

 

タグ: ,

学外から電子リソースを使う~「学認」の利用方法について

【Q&A事例集】

「学外から電子ジャーナルが読めると聞いたのだけど・・」

Clipboard01を利用してログインしましょう

「学認」を利用して学外から閲覧可能な電子ジャーナル,検索データベースがあります。

学認が利用できる電子リソースに、学部外からアクセスする場合以下のようなID,Passwordを求める表示がでます(サイトにより表示は異なります)。

Shibboleth Loginをクリックします(画像はクリックすると拡大します)。

EDS gakunin1

「Japanese Research and Education-Gakunin」をクリック。

EDS gakunin2

一覧の中から「日本大学」を選んでクリック。

EDS gakunin3

Nu-Appsのログイン画面になりますのでログインしてください。

Clipboard07

ID,Passwordは各自でしっかりと管理し,他人に知らせないようにしてください。
不正利用があった場合には大学全体で利用の差し止めになることがあります。

【学認での利用が可能な電子リソースを調べるには】

 図書館HPの「電子ジャーナル・文献データベースで調べる」から「日本大学契約オンラインデータベース・電子ジャーナル一覧」へアクセス。

er

er2

学認マークがついているものは学外からの利用が可能です。

Clipboard08

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月18日 投稿先 Q&A事例

 

タグ: ,

ID, PassWordを入れても見られないE-Journalがあるのだけど。

学部内利用可のE-Journalで,ID, Passwordが必要なものについて

Clipboard10

Opacから電子ジャーナルのアイコンをクリックすると,歯学部電子ジャーナル(ID, Passwordが必要なもの)の画面に行くことがあります。

Clipboard11

 

IDとPasswordが画面上部に表示されますが,これは,ジャーナルタイトルの一番上にある”AGD Impact”のID, Passwordです。
目当てのジャーナルタイトルをクリックして,初めてその雑誌のID等が表示されるのですが,クリックと同時にその雑誌のサイトへ飛んでしまいます。

Clipboard12

ここに先ほどのID等を入れてもLog Inできません。
一度歯学部電子ジャーナルの画面に戻って,ID,PassWordを確認してから,Log Inすることになります。

Clipboard13

 

ID, Passwordをメモ,あるいはコピーする。

Log in後の画面。

Clipboard14

この雑誌の場合,左上のContentで該当の巻号を探してアクセスします。

 

それでもLog Inできない場合は図書館カウンターに尋ねるか,メールで問い合わせをしてください。

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月17日 投稿先 Q&A事例

 

タグ: