RSS

タグ別アーカイブ: PubMed

歯学部講座の研究成果を検索するには

【Q&A事例集】

「大学院に進学するため、志望する講座の研究について予習をしたい」

1.歯学部のウェブサイト(分野紹介のページ)から各講座のサイトをチェックする。

研究成果を報告している講座があります(例えばコチラ)。その場合は、論文タイトルや雑誌名・巻号・ページ数をもとにPubMedで検索するとよいでしょう。PubMedのSingle Citation Matcherを使うと手早く検索できます。

2.PubMedを使って検索をする。

・教授や准教授などの主要研究者の名前で検索します。名をイニシャル、姓をフルで検索します。

例)Ogiso b

2002年以降はフルネームで登録されていますので、似た名前の違う研究者が検出されるようならフルネームで検索してみましょう。

・所属も組み合わせる

例えば Ito k のように一般的な名前の場合、所属を組み合わせます。

例)Ito k Nihon University (大文字小文字は検索に反映されません)

【精密に検出したい場合は以下のようにします】

①PubMedのAdvanced Search画面から、検索するフィールドをプルダウンメニューから「Affiliation」(機関)にして大学の学部名で検索。

無題

②「All Fields」から歯周病講座名を検索(講座名は英語における本学部の正式名称を調べておきます)

“department of periodontology”のように ” ” でフレーズを括ると完全一致検索になります。「All Fields」での検索の場合は完全一致にすると的確に検出できます。

無題

③講座の主要研究者を「Auther」フィールドで検索。OR検索でひとつにまとめます。

無題3

最後に①~③をAND検索をします。結果はコチラ

無題4

 
コメントする

投稿者: : 2014年8月20日 投稿先 Q&A事例, 図書館からのお知らせ

 

タグ: ,

PubMed Manual 2014 刊行!

pub cover

PubMed Manual 2014 改定3版

PubMed Manualを改定しました!

・”見やすいレイアウト” 吹き出しを増やし、図例を変えました。

・”項目「検索の手順」を追加!!” 分り易い検索手順図を引用加工して、掲載しました。

・”項目「検索記録、文献の保管と管理」を追加!!” 印刷するだけが能じゃない。電子で保管するツールも持つ。

PubMed Manual のPDFを、図書館ウェブサイト→データベース使用法(マニュアル集)ページ内に置いてあります。

図書館ゲート前に冊子マニュアルも置いています。

PubMedについては、予約制の利用講習会「データベース講習会~研究に必要な論文を探す3つの方法」で取扱い説明も行っていますのでご利用ください。

 
コメントする

投稿者: : 2014年7月3日 投稿先 図書館からのお知らせ

 

タグ:

探している論文のページがよくわからない

読みたい論文が電子ジャーナルに掲載されている場合、ページ表記がわかりづらいことがよくあります。

PubMedでの詳細情報では e-72-82 となっている↓

Clipboard02

電子ジャーナルのウェブサイトで該当論文を探すが、見つけることができない・・・。e72ページってどこ?

Clipboard05

そういう時は、電子ジャーナルサイトのsearch機能を使います。

論文タイトル等で検索。

Clipboard03

Clipboard04

論文のページは423であることが判明。これでは探しだすことができない、と思う。

この例はQuintessenceのウェブサイトですが、ほとんどの出版社のウェブサイトにはこのような検索機能がついています。

PubMedの詳細情報が正確ではない(あるいは食い違いがある場合)には

電子ジャーナルのサイトで探し出すための努力が必要となります。

※未出版の文献の場合もあります(PubMedの書誌のみ先行してupされている場合)。雑誌の巻号がPubMedに明記されているけど、電子ジャーナルサイトに見当たらない場合は未出版です。

 
コメントする

投稿者: : 2013年8月8日 投稿先 Q&A事例

 

タグ: , ,

しっかりデータベース講習会「英語論文を探す」

大学院1年生は、総合特別講義において、とにかく論文を探して読め、まずはPubMedを開いて探せ、と言われていると思います。

PubMedは使っているうちに、自分なりの発見というか、使い方を覚えていくものです。が、最初はやはり戸惑うことも多いでしょう。実践+知識注入が必要です。

図書館では、検索に使うデータベースについて小冊子マニュアルをHPにアップしてあります。PubMedもあります。ただし「英語論文を探す」という観点から見ると、必要な論文を得るためのいくつかの方法があり、しっかりデータベース講習会「英語論文を探す」がオススメです。

講習会の案内は、図書館トップページ→図書館使用法→利用講習会http://www.dent.nihon-u.ac.jp/library/lecture/lecture.htmlからご覧ください。

院1年生へのオススメは、PubMedとWeb of Scienceとの複合技です。PubMedで検索をして、これだという論文を見つけたら、それをWeb of Scienceでも検索してみる(論題をコピー&ペーストでいけます)という技です。

Web of Scienceの良い点は

1.Web of Scienceでその論文がHitする→国際的にポピュラーな雑誌に収録されていることがわかる(そしてIF値も調べられるようになっている)。

2.引用/被引用のリンクが付いているので、コア論文から芋づる式に論文を辿れる。

3.テーマで検索をした場合、ソート順を被引用数順にすることができるので、その分野の重要論文を簡単に探し出せる。

4.同じくテーマで検索した場合、雑誌名による件数が表示されるため、どの雑誌が自分にとって大事であるかが分かる。

という点です。IFについては分野によって値に違いがあり、高ければ良いということにはなりませんが、参考にはなります。(被引用数についても同様)

論文の数は膨大で、何から読めばよいかわからなくなると思いますが、上記の複合技を駆使して、まずは自分の分野の重要論文&重要雑誌を探してみましょう。

 
コメントする

投稿者: : 2013年6月13日 投稿先 図書館からのお知らせ, 検索

 

タグ: , ,

PubMed Manual 2013 刊行のお知らせ

歯学部図書館刊行の”PubMed Manual” 改訂版を刊行しました。

図書館にB5版の小冊子を配備しています。また図書館ホームページ→データベース使用法→PubMed  からPDFをダウンロードor印刷することができます。

pPubMed manual 2013

主な改訂ポイントは以下2点

・P8 「本文を読みたい」 を追加 ~ PubMedで検索をした文献の本文を読むにはどうしたらよいかという質問は定期的にあります。わかりやすく記載をしてみました。このブログにも載せています→「PubMedから本文を見るにはどうしたらよいか」

・P18 「エビデンスレベルの高い文献を素早く探す Clinical Queries」 を追加 ~ 根拠に基づいた医療、Evidence-Based Medicineを実践する上で、EBMの手法に耐えうる研究デザインによる文献情報の検索は大切なステップとなります。

このClinical QueriesはPubMedのトップページからアクセスできます。検索ワードについて、研究デザインに着目したキーワードのまとまりであるフィルターを自動的にかけることにより、手早くエビデンスレベルの高い(と研究デザインから想定される)文献を絞り込みます。網羅的な収集をしたい場合は不向きですので、通常の検索を行います。

このPubMed Manual 2013は手軽に参照できることを念頭に簡潔に作られています。

より深く知りたい人は「図解 PubMedの使い方」(当館にあります)をご覧ください。また、図書館の利用講習「しっかりORクイック データベース講習会」においてもPubMedを取り上げています。ぜひ利用してください。→講習会Web Page

最新の医学情報の宝庫であるPubMedを使いこなすことにより、必要とする文献を探し出せることを願っております。

 
コメントする

投稿者: : 2013年5月8日 投稿先 図書館からのお知らせ, 検索

 

タグ:

「PubMedから本文を見るにはどうしたらよいか」

Q&A事例です。→2017/1/20改訂

方法① PubMedから辿る

まず右上の出版社アイコンをクリックします。

ここから見ることができればラッキーです。というのは、このアイコンはPubMedと協力関係にある出版社がつけているアイコンなので、日本大学歯学部で見られるとは限らないためです。

pub1

課金表示が出たり、ID/PWを求められるようであれば、契約外の雑誌ですので、【この文献の入手方法】をクリックします。

pub2

基本的に【この文献の入手方法】(リンクリゾルバといいます)を武器として、電子ジャーナル閲覧の可否を調べます。

注意 PubMedへは、歯学部図書館のweb pageからアクセスしてください

googleなどの検索エンジンからでもアクセスできますが、【この文献の入手方法】アイコンは表示されません。 

pub3

方法② FullText Finderを使う

雑誌名をコピーします。略誌名でもOKです。

pub4

図書館HPから【FullText Finder】へアクセスして、雑誌タイトル名で検索をします。

pub11

雑誌タイトルを入力して検索

pub5

いくつかのタイトルが表示されるので、該当するタイトルを確認して、【全文アクセス】をクリックすると、電子ジャーナルの閲覧範囲が表示されます。クリックすると本文へアクセスできます。

pub6

方法③ 図書館OPAC もしくは

歯学部契約ジャーナルリスト を使う

雑誌タイトルを図書館OPACもしくは歯学部契約ジャーナルリストを使って調べます。

図書館OPACでは、略誌名では検索できないことがあります(略誌名から正式タイトルを調べるには、Journals in NCBI Databasesが便利です。PubMedのトップページから利用ができます)。

↓歯学部OPACで検索

pub7

OPAC画面のURL欄からJournalアイコンをクリックしてアクセスします。アイコンが複数ある場合がありますが、該当論文の年代が含まれているものを選んでください。

pub8

電子ジャーナルが無い場合でも、冊子体の所蔵がある場合があります。その場合もOPACで調べることができます。

↓歯学部契約ジャーナルリストを使う。右のほうにリンクがあります。

pub9

雑誌名の頭文字のアルファベットをクリックすると到達できます。

pub10

方法①~③で見つからない場合

歯学部に所蔵がない場合は、他学部を含む外部へ複写の依頼をすることになります。複写の依頼は図書館カウンターで直接申込もしくはオンライン(http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/library/refa/ask..html)で申込ができます。

あるのかないのか分からない場合もお気軽にお問い合わせください。mail: de.lib★nihon-u.ac.jpまで(★を@に変えてください)

補足情報

論文タイトルでweb検索をするのも有用な方法です。著者本人が自分のサイトや所属機関のサイトでアップロードをしていたり、学術系SNS(Research Gate. Academia.eduなど)で本文が公開されている場合があります。また、本文が公開されていなくても、本文をリクエストできる機能が付いている場合があります。

(堀米)

 
コメントする

投稿者: : 2013年4月12日 投稿先 Q&A事例

 

タグ: ,

PubMed最新情報 「著者が付けたキーワード」

Clipboard04

使っている人にとっては見慣れたこの画面。

赤枠に注目です。

抄録の下にKeywordsの文字が!!

これは、雑誌論文でよく見かける「著者がつけたキーワード」=author keywords をそのままPubMedでも見られるようにしたものです。

「著者がつけたキーワード」が付与されている文献に限り、PubMedの詳細情報画面で見られるようになりました。

この”Keywords”は、PubMedの方で付与する”MeSH”とは別物です。

検索をする側とすれば、文献へのアクセスポイントが増えることになるので、もし「著者が付けたキーワード」を正確に想像することができれば、より手早く文献を探し出すことができるようになります。検索キーワードの後ろにタグ[OT]を付ければ、検索フィールドを「著者が付けたキーワード」に限定して検索ができます。

とはいえ、ざっと見たところ、”今後発行される文献については著者キーワードを取り入れる”ということ(遡及入力はなし)であると推測されるので、本当に使える検索フィールドになるかは、何年か後、キーワード付与文献が蓄積されてからであろうと思います。

詳しくはこちらで↓

http://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/jf13/jf13_pm_keywords.html

 
コメントする

投稿者: : 2013年3月4日 投稿先 検索

 

タグ: