RSS

【プチ展示】 夏、出かけてみませんか

今年は梅雨が明けるのがとても早く、暑い日が続いています。

「できればクーラーのあるところで涼んでいたい」と思う人も、多いかもしれません。

それでも、夏になれば、どこかへ出かけたくなりませんか。

あざやかな緑や空、碧い海、彼方の山々、葉の上の雨のしずく、遠くの花火。

夏になにを想いますか。

気温が低めの朝や夕方、ひんやりと涼しい風が吹く雨の日、あえての陽射しの下など、時間帯や日を選んで、好きなところに出かけてみませんか。

R0012854

<参考文献一覧>

東京都公園協会「緑と水のひろば」vol.85,8-9 より 「駿河台カルチェラタンの並木道」

千代田区観光協会HP 散歩の達人特別編 神田あるき地図web より

http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/1533/Default.aspx/

千代田区観光協会HP 千代田まちブックweb 神保町・御茶ノ水エリア より

http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/1523/Default.aspx

『みんなの神田 神保町 御茶ノ水』2017,京阪神エルマガジン社 (歯学部所蔵なし/理工学部所蔵あり)

立野井一恵/文『日本の最も美しい図書館』2015,エクスナレッジ

『図書館へ行こう!!』 2016,洋泉社

『タビハナ; 東北 1. 仙台・松島』2012,JTBパブリッシング (歯学部所蔵なし)

『タビハナ; 関西 6. 琵琶湖・近江』2011, JTBパブリッシング (歯学部所蔵なし)

広報東京都2018年7月1日号(第875号)より 「東京の湧き水に触れてみよう!」

東京都環境局HPより「東京の名湧水57選」http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/water/conservation/spring_water/tokyo/

(担当:吉永)

 

 

 

広告
 
コメントする

投稿者: : 2018年8月1日 投稿先 展示

 

タグ:

わたしを離さないで

0000000094572

わたしを離さないで

/カズオ・イシグロ著 ; 土屋政雄訳 (早川書房.2008)

請求記号 933.7|I73

このお話は、主人公たちが幼少期に育てられる施設での話と、その後青年になりその施設を出て自立したあとの話の2部で構成されています。

話の中盤でようやくこの小説がSFである事を知るくらい、事実を語っているかのように抑制的かつ客観的な文章です。一方で主人公たちの感情がわかりやすいのは筆者の圧倒的な文章の表現力と構成力によるものだと思われます。

科学の進歩と生命倫理を問う作品で、読んだ後、近い未来に同じことが起こるかもしれないと思って,すこし怖い気持ちになるかもしれません。

科学や医学を学ぶ学生に是非読んでもらいたい名著です。

 生化学  田邉奈津子

 

 
コメントする

投稿者: : 2018年7月24日 投稿先 推薦図書コメント

 

【エントランス展示】 日本大学歯学部がどのような研究をしているか 2018

エントランスの様子

図書館エントランス ガラスケース

壮大なテーマだ、大丈夫か、と思うかもしれませんが、大丈夫です。

学部1年生が、前期授業「歯科医学序論Ⅰ」での課題として、「日本大学歯学部がどのような研究をしているか」をテーマに、図書館の資料を使い10枚のレポートを作成しました(参考文献に注目!)。力作ぞろいでしたが、その中から優秀作品4点を掲示しています。

また、取り上げたテーマに関係の深い先生から、コメントをいただき、合わせて展示しています。

2点ずつ入れ替えを行い8月から10月まで展示します。

このページには作品の画像を掲載しています。

【優秀作品】

画像をクリックすると拡大します。スライドの順番に1~10までのファイル名を振っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆小野寺博俊  / 現代の歯科矯正治療とその可能性◆

(コメントby 矯正歯科学講座 本吉満先生)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆金子晋一朗  / 補綴としてのインプラント利用◆

(コメントby 歯科インプラント科 萩原芳幸先生)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆髙坂彩乃  / 東日本大震災における歯科の活躍◆

(コメントby 法医学講座 網干博文先生)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

髙木皓介  / 小児歯科学から、小児高齢化社会である「日本」における歯科医療と次世代の歯科医師に求められることを考える◆

(コメントby 小児歯科学講座 白川哲夫先生)

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2018年7月5日 投稿先 展示

 

タグ:

嫌われる勇気 : 自己啓発の源流「アドラー」の教え

02581-9-thumb-208xauto-23983

嫌われる勇気 : 自己啓発の源流「アドラー」の教え

/ 岸見一郎, 古賀史健著(ダイアモンド社.2013)

請求記号 146.1||Ki58

この本はアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた1冊です。アドラー心理学は「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な「答え」を提示します。

対人関係に悩むことはありませんか?

劣等感を感じることはないですか?

この本にはあらゆる悩みを一気に解消する方法が書いてあります。

自らの生について、出来ることは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」それだけです。と記しています。

自分の生き方を貫くとは?

自分の人生とは?

1冊の本が、ときに心の支えとなり、励みになり人生を大きく変えることもあります。

この本を読んで人生を少しシンプルに考えてみてはいかがでしょうか。

 小児歯科学 石山美紗

 
コメントする

投稿者: : 2018年6月18日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ:

【プチ展示】 図書館で雑誌を見てみよう ~情報の引きだしづくりのために~

 

R0012833

R0012831

普段から情報のアンテナを張っておくこと

||.

図書館で雑誌をめくること

授業のレポート課題や、研究、論文作成のためには、「テーマを何にするか」が重要かと
思います。

ですが、簡単にはテーマが決まらないこともあります。
どうしたらいいのでしょうか?

いくつかの方法があるかと思いますが、一番シンプルなものは、
「普段から情報のアンテナを張っておく」ことではないでしょうか。

常にアンテナを張っている人は、自分の中に、「いつでも情報を取り出せる引きだし」を
たくさん持っています。
そこから情報を取り出し、分解したり組み立てたりしながら、課題に合わせたテーマを
決めることができます。

とはいえ、「アンテナを張ろう」と思っていても、具体的にはどうすればいいのでしょうか?
アンテナの張り方はさまざまです。
先生に話を聴く、仲間とディスカッションをする、新聞を読む、本を読む、論文を読む、
インターネットの情報サイトを見る…等々。

今回は、いくつもあるツールの1つとして、「図書館で雑誌を見る」ことをご紹介します。

自分だけの「情報の引きだし」をつくる際の、参考にしていただけたらと思います。

 

もしこの機会に、「図書館で新着雑誌を見る」ことに興味を覚えたら、
また図書館に足を運んでみてください。

みなさんの「情報の引きだし」が豊かになることをねがっています。

journal of your ...

 

◆ 参考文献 ◆

佐藤雅昭 『なぜあなたの研究は進まないのか? : 理由がわかれば見えてくる,
研究を生き抜くための処方箋』 2016,メディカルレビュー社

井上真琴 『図書館に訊け!』 2004,筑摩書房

浅井隆 『雑誌編集長が欲しがる!! 医学論文の書き方 : どう研究して、
どう書くのか?』 2016,イムジック出版

上岡洋晴 『コピペしないレポートから始まる研究倫理 : その一線、
越えたらアウトです!』 2016,ライフサイエンス出版

諏訪敏幸 『看護研究者・医療研究者のための系統的文献検索概説』 2013,
近畿病院図書室協議会  (歯学部所蔵なし)

「医学中央雑誌」ホームページ (閲覧日:2018年5月29日)
http://www.jamas.or.jp/index.html

 

(吉永)

 
コメントする

投稿者: : 2018年6月4日 投稿先 展示

 

タグ:

歯の絵本特集

 

R0012827

今回は歯の絵本を展示しています。

虫歯のこと、歯のしくみ、歯磨きのしかた、動物の歯の比較、歯の神様の伝説など

こどもむけの絵本でありながら、書かれていることはなかなか専門的です。

こどもも大人も絵本で歯について組織学的・衛生学的・発生学的・民俗学的に学ぶことができます。

先日亡くなった絵本作家のかこさとしさんも虫歯や6歳臼歯の絵本を描いておられました。

待合室向きの乳幼児用のしかけ絵本もあります。

この機会に絵本に触れてみてはいかがでしょうか。

担当:寺田

 

 

 

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2018年6月1日 投稿先 展示

 

タグ:

チーム

978-4-408-55023-7

チーム / 堂場瞬一著 (実業之日本社.2010)

請求記号:913.6||D81

いろんなドラマが生まれる年始恒例の箱根駅伝。

箱根駅伝出場を逃した大学の中から、予選会を好タイムで走った選手で結成される「学連選抜」。あの“公務員ランナー”川内優輝さんも、かつて、この学連選抜のメンバーとして、箱根駅伝を走りきりました。

学連選抜は本戦校以外から精鋭を集めた最高のチームなのか、それとも本戦校が持つような連帯感のない寄せ集めチームなのか。究極のチームスポーツといわれる駅伝で、学連選抜メンバーは何のために襷を繋ぐのか。

4連覇した青山学院大学など本戦校が注目される昨今、学連選抜チームの選手たちの苦悩や葛藤と激走を描いたスポーツ小説です。

箱根駅伝好きの人に限らず、爽快に読んでもらえるストーリーになっています。クラブや大学、会社など組織の中で生きていく私たちにとって、チームのまとめ方など社会で生き抜くにあたって役立つことが見つかる一冊です。

病理 福井怜

 
コメントする

投稿者: : 2018年5月31日 投稿先 推薦図書コメント

 

タグ: